山の自然学講座2020
山の自然学講座イメージ写真
山の自然学講座イメージ写真
山の自然学講座イメージ写真
山の自然学講座イメージ写真
山の自然学講座イメージ写真
山の自然学講座イメージ写真
山の自然学講座イメージ写真
山の自然学講座イメージ写真

新型コロナウイルスの感染拡大により延期していた講座の開催日程が決まりました。加えて、新しい魅力的なプログラムを実施します。ぜひご参加ください。

<新プログラム>

  • 8/29 山の日記念シンポジウム 「日本の山と自然をみつめよう-魅力再発見」(小泉武栄先生 他)
  • 8/22、9/12、10/3 現地講座特別編「五感で学ぼう!自然学-樹木の生き方暮らし方」 (1)〜(3)(石井誠治先生)

 → いずれも下記の「2020年 講座日程」をご覧ください。

すでに受講を申し込まれた皆様へ:一部の講座日程に変更がありますのでご確認ください。受講受付済みの方も、追加分、変更分を含めて好きな回に振り分けて受講していただいくことができます。都合のよい日程や会場を選んでこの機会にぜひご参加下さい。

特に、第5回室内講座と第6回室内講座については、日にちの再変更がありましたのでご注意ください(2020年7月10日)。

■ 開催方針

  • 室内講座の会場については、会場定員の半分までを参加者人数の上限として募集させていただきます。また、できるだけ通風のよい広い部屋を条件として選定する予定です。
  • 会場が決定いたしましたら、各講座の詳細ページに掲載します。
  • 状況に応じて実施内容を再度変更する可能性がありますのでご了承ください。受講をお申込みいただいた方には直接ご連絡いたします。

「五感で学ぼう!自然学-樹木の生き方暮らし方 (1)代々木駅~明治神宮」
[ブログでご紹介]

講座の動画配信をはじめました

このアイコンがついた講座は動画配信を行います。開催の数日後に、実際の講義を収録した内容をYouTube動画で配信。遠方の方や会場にお越しになれない方も後日リモートで聴講できます。

受講料は会場での受講と同額です。

2020年 講義日程

 2月1日(土)終了しました

第1回室内講座

「自然観察の視点」「日本と世界の山と氷河時代」

講師:小泉 武栄

詳細内容
 2月18日(火)終了しました

第2回室内講座

日本の成り立ちと山の地質

講師:柿崎 喜宏

詳細内容
 3月3日(火)終了しました

第3回室内講座

高山植物の生活史と近年の気候・植生の変化

講師:下野 綾子

詳細内容
 3月20日(金・祝)終了しました

現地講座1(日帰り)

あきる野:「東京にカタクリのある不思議」/ 台地の成り立ちと切欠のカタクリ観察

講師:辻村 千尋

詳細内容
8月22日(土)終了しました

現地講座特別編(日帰り)

五感で学ぼう!自然学-樹木の生き方暮らし方 (1)

講師:石井 誠治

8月29日(土)終了しました

山の日記念シンポジウム

「日本の山と自然をみつめよう-魅力再発見」

講演:小泉 武栄 他

9月12日(土)終了しました

現地講座特別編(日帰り)

五感で学ぼう!自然学-樹木の生き方暮らし方 (2)

講師:石井 誠治

詳細内容
 5月12日 → 9月15日(火)

第6回室内講座

日本の動植物相の起源・1-分布と地史-

講師:池田 明彦

詳細内容
 4月21日(火) → 9月29日(火)

第5回室内講座

雪と氷の世界 〜 魅力的で危ない物質

講師:佐藤 篤司

詳細内容
10月3日(土)

現地講座特別編(日帰り)

五感で学ぼう!自然学-樹木の生き方暮らし方 (1)〜(3)

講師:石井 誠治

詳細内容
 4月14日 → 10月20日(火)

第4回室内講座

「したたかな植物たち」植物の生存戦略や繁殖戦略/植物観察の視点

講師:多田 多恵子

 5月23日 → 10月31日(土)

第7回室内講座(修了式)

アウトドアで考える自然学 -環境異変を現場で考える

講師:大蔵 喜福

詳細内容
 6月6日 → 11月3日(火・祝)

現地講座3

檜原都民の森:三頭山の地形と植生の観察/ブナ林の現状

講師:増澤 直

詳細内容

★ 直近のお申し込みも可能です。ふるってご参加ください! ★

お申し込み方法

受講へのお誘い

日本列島と列島を形づくる日本の山は世界に類を見ない特徴があります。21年目となる「山の自然学講座2020」では、各分野で活躍する方々を講師に招き7回の室内講座(座学)と3回の現地講座を実施。地質、地形、気候、植生など自然を形づくる様々な要素を取り上げてその成り立ちや相互の関連について広く講義します。日本列島の植生や地形に大きな影響を与えた氷河時代を中心とする自然の歴史、希少な高山植物の分布などについても解説するほか、現地講座では典型的な事例を実地で観察し、自然の仕組みや繋がりについて学んだ知識の活用法を体験します。この講座を受講して、とびっきりの山歩きを楽しみませんか。またさらに、野外教育や自然保護活動に活かしてみませんか。

NEWS

  • 山と渓谷社・登山情報サイト「ヤマケイオンライン(Yamakei Online)」で、当講座をご紹介いただきました。
     → ヤマケイオンライン ニュース
  • 日本自然保護協会のWebサイト「しぜんもん」で、2020.8.29(土)に開催した「山の日記念シンポジウム」をご紹介いただきました。
     → しぜんもん
  • 新型コロナウイルスの影響で中断していた講座の新しい情報を掲載しました(2020年7月3日)。

メディア掲載

  • 日本自然保護協会様の会報「自然保護」(2018年3〜4月号)にご掲載いただきました。
  • 毎日新聞の東京版でご紹介いただきました。
誌面写真

「自然保護」3〜4月号

紙面写真

(2018年3月17日)

紙面写真

(2017年3月15日)

紙面写真

(2016年3月1日)

 

講師プロフィール(講座日程順・敬称略)

小泉 武栄東京学芸大学名誉教授(著書:「山の自然学」など)
柿崎 喜宏明治大学 研究推進員(専門:地質学、石灰岩の堆積学と層序学)
下野 綾子東邦大学理学部 講師(著書:「攪乱と遷移の自然史(共著)」)
辻村 千尋(公財)日本自然保護協会(著書:「図説日本の山」など)
多田 多恵子植物生態学者(著書:「種子(タネ)たちの知恵」など)
佐藤 篤司株式会社工学気象研究所(専門:雪氷防災・寒地環境)
石井 誠治樹木医、森林インストラクター(著書:「樹木ハカセになろう」など)
池田 明彦品川区防災まちづくり事業部(著書:「山の自然学入門」など)
増澤 直(株)地域環境計画(著書:「植生環境学」など)
大蔵 喜福登山家(山の自然学クラブ 理事長)

実施概要

■期間

2020年2月2日(開講)~ 6月6日 11月3日 全10回(室内講座7回+現地講座3回:各回参加も可能)

 ※ 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、各講座の日程や会場が変更になっています。各講座の詳細ページをご覧ください。

■受講料

  • 全10回お申し込み(通し参加)の場合: 30,000円(当会会員および学生は20,000円)
  • 講座ごとにお申し込み(各回参加)の場合: 3,500円/一講座(当会会員および学生は3,000円)
  • ※現地講座についてはこのほか交通費等の実費が必要です

【参加費に含まれるもの】

  • 資料代
  • 現地講座については行事保険料が含まれています
  • 1講座以上受講いただくと、当年開催・実施する当会行事すべてに会員価格でご参加頂けます

【全講座通し参加の場合は、上記に加えて以下の特典がつきます】

  • 最終日に「修了証」をお渡しします
  • 前年度発行の当会年会報「山から始まる自然保護」を一部差し上げます
会報写真

■室内講座の時間・会場

 →各講座の詳細ページをご覧ください

■現地講座の集合時間・集合場所

集合時間・集合場所、必要な持ち物などについて、申し込まれた方に直接ご案内します。

お申し込み方法

パンフレット

講座再開(8月)以降の新しい日程のご案内を下記からダウンロードできます。

新日程パンフレット写真

パンフレット(変更前の日程)のPDFを下記からダウンロードできます。

パンフレット写真

パンフレット(変更前の日程)のJPEG画像を下記からダウンロードできます。

パンフレット写真 1ページ

page 1

パンフレット写真 2ページ

page 2

パンフレット写真 3ページ

page 3

パンフレット写真 4ページ

page 4

運営:特定非営利活動法人 山の自然学クラブ All Rights Reserved ホームページ 活動ハイライト