山の自然学講座2019
3月5日(火)

第3回室内講座

世界遺産・小笠原と地球の自然史

講師:辻村 千尋(日本自然保護協会)

講義内容

大陸と一度もつながったことのない小笠原諸島。海面の変動など地球規模の影響も大きく受けて、現在の形になっています。不思議な生き物たちの生態など、興味の尽きない世界遺産・小笠原の自然についての解説を中心に、貴重な自然をどのように守るのか、保全・保護の視点を含めてお話し頂きます。

兄島瀬戸

講師プロフィール

辻村 千尋(つじむら ちひろ)
(公財)日本自然保護協会 保護・研究部 保護部門主任

1967年東京都生、東京学芸大学教育学部修士課程修了、修士(学術)

  • 専門:地生態学、地理学、自然保護
  • 著書:「身近な環境を調べる」(分担執筆、古今書院)、「図説日本の山」(分担執筆、朝倉書店)  ほか

実施概要

  • 日時:2019年3月5日(火)18:30 ~ 20:45
  • 会場:ici club 神田EARTH PLAZA(予定)
  •    東京都千代田区神田小川町3-6
  •    [MAP] http://www.ici-club.jp/earth.html
  • 受講料:(この講座のみ受講する場合)3,500円(当会会員および学生は3,000円)
  •     ※資料代込み。受講者は当年開催・実施する当会行事すべてに会員価格でご参加頂けます。
  • ※ 全10回(室内講座7回+現地講座3回)を通し参加される場合は割引になります。全10回で30,000円(当会会員および学生は20,000円)。
  • ※ また、以下の特典がつきます。
  • 最終日に「修了証」をお渡しします
  • 前年度発行の当会年会報「山から始まる自然保護」を一部差し上げます

★ 直近のお申し込みも可能です。ふるってご参加ください! ★

お申し込み方法
運営:特定非営利活動法人 山の自然学クラブ All Rights Reserved ホームページ 活動ハイライト