11月3日(土・祝)

現地講座3

三頭山 東京都檜原都民の森(日帰り):「三頭山の地形と植生の観察/ブナ林の現状」

講師:増澤 直(地域環境計画、地域自然情報ネットワーク副理事長)

講義内容

増澤講師は1980年後半、三頭山のブナを詳細に調査され幼木が極めて少ない原因を突き止めました。最近では大木が枯れ、倒れる現象もみられます。「三頭山のブナの行く末」とは。 登山道をはずれ入山許可が必要なブナ林にも踏みこんで観察します。

  • 地形と地質で決まる植生の必然性
  • 三頭大滝がそこに存在する訳
  • 三頭山のブナ調差内容・分析結果と今後
  • 三頭山の岩塊斜面

これらを、じっくり考えながら観察します。

イラスト:当会会員 井上さん画

※以前開催した三頭山現地講座の様子。紅葉の森を散策します!

日時: 11月3日(土・祝日) ※小雨決行
集合の時間・場所: 電車利用の場合:JR武蔵五日市駅前、9:00発「都民の森」行(西東京バス)バス停に並んで集合。
自家用車の場合:午前10時20分、「東京都檜原都民の森」ゲート売店前で集合。
アクセスの目安: JR新宿7:44(ホリデー快速「あきがわ3号」) 〜 立川8:11 〜 拝島8:25 〜 武蔵五日市8:48着。武蔵五日市駅・西東京バス9:00発「都民の森」行〜(数馬にて乗換)〜都民の森10:18着。
※「バス」はこの一本です。バスは全員乗車出来るよう「増発」されますが、乗り遅れが無いように十分にご注意ください
※この電車はホリデー快速奥多摩号と連結しています。乗車位置にご注意ください
ルート(概略): 都民の森遊歩道〜三頭大滝〜ブナ沢〜ブナ林 などを歩きながら観察。登山路、休憩、昼食などは当日の状況をみて設定します。
解散: 都民の森ゲート売店前15:40頃 ※都民の森15:50発「武蔵五日市駅」行の連絡バスに乗れるように解散します。
(参考 ~JR武蔵五日市駅着17:00頃、武蔵五日市17:21発ホリデー快速「あきがわ6号」~ 新宿着18:22頃)
服装・持ち物: 昼食、飲料水、筆記帳とペン、地図、コンパス、カメラ、ルーペ、雨具、防寒具、手袋、他。
※この現地講座では「沢」を数回横切ります。急斜面もあるため、くるぶしまで保護できる登山靴が良いです。
当日の連絡先: 室村(むろむら)まで。(携帯TEL 090-7808-2115/自宅TEL 042-421-0524)

※電車、バスの時刻は2018年1月14日現在の「時刻表」をもとにしています。最新の情報をご確認ください。

図:2010年の参加者、吉村会員が参加後に書いたレポート(2011年発行の年会報に掲載)の一部

(以下、会報文章から一部抜粋)・・・観察会で案内して頂き、三頭山に登った際、山の形とホルンフェルスとの関係を図にしたら面白かろうと思いましたので、作図してみました。5万地質図「五日市」と2.5万地形図「猪丸」を利用。ホルンフェルス化Zoneの幅を500mと想定して作図。西原峠~三頭山~鞘口峠~戸沢峰の秋川流域界にそう断面です。 閃緑岩体が複数あれば、その中間の岩石は二重に焼かれるとして、2重を作りました(笑)。意外に、地形との相関が良いので、三頭山の山体が突出している訳や、大沢山が高い訳などを、岩質の面から想定する材料になるかも。・・・以上

講師プロフィール

増澤 直(ますざわ ただし)
株式会社地域環境計画 生物多様性推進事業部 事業部長代理

1966年東京生、東京学芸大学教育学部卒、東京学芸大学大学院修士課程修了、東京農工大学博士課程単位取得満期退学、技術士(環境部門・建設部門)、京都大学大学院地球環境学舎特任講師

  • 専門:地生態学、森林生態学、環境アセスメント(生態系評価解析)、自然環境保全GIS
  • 著書:『植生環境学 ――植物の生育環境のなぞを解く――』(分担執筆、古今書院)

実施概要

  • 日時:2018年11月3日(土・祝)
  • 受講料:(この講座のみ受講する場合)3,500円(当会会員および学生は3,000円)
  • ※資料代、行事保険料込み。受講者は当年開催・実施する当会行事すべてに会員価格でご参加頂けます。なお、実施日まで一週間未満にお申し込みいただいた場合、行事保険や、当日使用するトラベル・イヤホンの手配ができない場合があります。あらかじめご了承ください。
  • ※ 全10回(室内講座7回+現地講座3回)を通し参加される場合は割引になります。全10回で30,000円(当会会員および学生は20,000円)。
  • ※ また、以下の特典がつきます。
  • 最終日に「修了証」をお渡しします
  • 前年度発行の当会年会報「山から始まる自然保護」を一部差し上げます

★ 直近のお申し込みも可能です。ふるってご参加ください! ★

お申し込み方法
運営:特定非営利活動法人 山の自然学クラブ All Rights Reserved ホームページ 活動ハイライト