11月15日(日)*終了しました

現地講座特別編

鳩ノ巣渓谷(日帰り):紅葉の鳩ノ巣渓谷で地質と植物の関係を観察しよう!

講師:小泉 武栄(東京学芸大学名誉教授)

コース概要

鳩ノ巣駅を出て、対岸に渡る橋の半ばから、全体の地形を観察。渓谷に下りて地質や地形、植物について観察します。途中には滝もあり、秋の渓谷を堪能できます。

昼食は渓谷の中でとります。

その後向かいの道を登って越沢バットレスを見下ろすところまで歩きます。

奥多摩観光協会 Googleフォト・ライブラリより引用


奥多摩観光協会ホームページ

集合の時間・場所: JR青梅線「鳩ノ巣駅」午前10時30分集合 ※駅の改札から出たところに集合してください(小雨決行)
アクセスの目安: 新宿08:20発 〜 鳩ノ巣10:12着の「ホリデー快速おくたま5号 奥多摩行」が便利です。
※この電車は「ホリデー快速あきがわ号」と連結しており、拝島駅で切り離しがあります。乗車する車両位置にご注意ください
解散: 15:00頃を予定

■ 注意点

  • 渓谷に下る道は急で滑りやすく、また沢沿いを歩きますので、山歩きに適した滑らない靴を着用してください
  • 気温変化の大きい場所/季節ですので、身支度には十分お気をつけください
  • 途中に店舗等はありませんので、飲み物・昼食・行動食は忘れずにお持ちください
  • 帰りは駅までバスに乗る可能性があります

■ 昨年の講座(深大寺植物園)での講義シーン

講師プロフィール

小泉 武栄(こいずみ たけえい) 東京学芸大学名誉教授

1948年長野県生、東京学芸大学卒、東京教育大学大学院修士課程修了、東京大学大学院博士課程単位取得、理学博士

  • 専門:自然地理学、地生態学
  • 著書:「観光地の自然学 ジオパークに学ぶ」(古今書院)、「日本の山はなぜ美しい」(古今書院)、「山の自然学」(岩波新書)、「山の自然教室」(岩波ジュニア新書)、「自然を読み解く山歩き」(JTBパブリッシング)、「日本の山と高山植物」(平凡社新書)、「自然景観の成り立ちを探る」(玉川大学出版部) ほか

実施概要

  • 日時:2020年11月15日(日)
  • 受講料:(この講座のみ受講する場合)3,500円(当会会員および学生は3,000円)
  • ※資料代、行事保険料が含まれています。受講者は当年開催・実施する当会行事すべてに会員価格でご参加頂けます。なお、実施日まで一週間未満にお申し込みいただいた場合、行事保険や、当日使用するトラベル・イヤホンの手配ができない場合があります。あらかじめご了承ください。
  • ※ 全10回(室内講座7回+現地講座3回)を通し参加される場合は割引になります。全10回で30,000円(当会会員および学生は20,000円)。
  • ※ また、以下の特典がつきます。
  • 最終日に「修了証」をお渡しします
  • 前年度発行の当会年会報「山から始まる自然保護」を一部差し上げます

★ 直近のお申し込みも可能です。ふるってご参加ください! ★

お申し込み方法
運営:特定非営利活動法人 山の自然学クラブ All Rights Reserved ホームページ 活動ハイライト