山の自然学講座2021
2月16日(火)終了しました

第2回室内講座

日本の成り立ちと山の地質

講師:柿崎 喜宏(東京大学 特任研究員)

※この講座は、オンライン受講(Zoomを使用)が可能です。お申込み時に「オンライン受講」を選択してください。

講義内容

山の自然にはさまざまな魅力があふれています。その魅力の一つが,稜線・尾根・谷など,広大な山の地形ではないでしょうか。山の地形を構成しているのが岩石や地層で,その成り立ちには必ず地質学的な理由があります。

日本列島は,プレートがプレートの下に潜り込む「沈み込み帯」の地殻変動によって形成されました。そのため日本の山々には沈み込み帯の地殻変動に特有の地層や岩石が多数残されています。山を歩き,地質を学ぶことで,日本の成り立ちを知ることができます。山は絶好の地質学の教科書です。

この講義では,日本列島の成り立ちと日本の山々の地質の関係についてお話しします。

  1. プレートテクトニクスとは?
  2. 日本と沈み込み帯 ─アジアの東の日本
  3. 付加体 ─海底の岩・砂・泥と南の島のサンゴ礁を取り込んだ地層
  4. 島弧と火成活動 ─火山が1列に並ぶ理由
  5. 沈み込み帯の変成岩 ─対照的な2種類の変成岩
  6. 日本列島の誕生 ─日本海が開いて日本が「島」になった
  7. 大陸の衝突 ─チベット高原の形成とアジアの変形
  8. 島弧の衝突 ─関東山地と武蔵野台地の関係

講師プロフィール

柿崎 喜宏 (かきざき よしひろ)
東京大学 特任研究員

1982年 山形県生、新潟大学卒、広島大学大学院博士課程後期修了、理学博士
専門:地質学 (特に石灰岩の堆積学と層序学),古生物学,古海洋学

タイムテーブル

  • 18:10開場
  • 18:30~会場開会・Zoomミーティング開始
  • 18:30~19:20/19:40~20:20講義(間に休憩をいれます)
  • 20:30~20:45質疑応答
  • (21:00退室)

実施概要

※この講座は、オンライン受講(Zoomを使用)が可能です。お申込み時に「オンライン受講」を選択してください。

  • 日時:2021年2月16日(火)18:30 ~ 20:50
  • 会場:※オンライン対応のため、会場が変更になりました。
  •    エコギャラリー新宿(新宿中央公園内)
  •    東京都新宿区西新宿2丁目11−4
  • 新会場:グラッドスペース (glad space)
  •     東京都新宿区大京町2-4 サウンドビル3F
  •     東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅から徒歩3分、JR総武線 信濃町駅から徒歩10分
  •     ご案内図(PDF)
  •     https://rental-space.biz/access.html
  •     ※住宅街の中の一軒家を改装した会場でわかりにくい場所にあります。上記ご案内図の道順をご参照下さい
  •     ※換気のため入口を開けたままにする予定ですので、暖かい服装でお越し下さい
  • Zoom受講の方:2日前に視聴URLをメールでお知らせします。時間5分くらい前に接続設定しておいて下さい(PCから視聴する場合は配信開始から自動的に始まります。スマートフォンの場合はあらかじめZoomアプリをインストールしておいた方がよいようです)。講座翌日~1週間録画動画をYouTubeに掲載します。配布資料がある場合はWebサイトからダウンロードできるようにご案内いたします。
  • 受講料:(この講座のみ受講する場合)3,500円(当会会員および学生は3,000円)
  •     ※資料代込み。受講者は当年開催・実施する当会行事すべてに会員価格でご参加頂けます。
  • ※ 全11回(室内講座6回+現地講座5回)を通し参加される場合は割引になります。全11回で35,000円(当会会員および学生は25,000円)。
  • ※ また、以下の特典がつきます。
  • 最終日に「修了証」をお渡しします
  • 前年度発行の当会年会報「山から始まる自然保護」を一部差し上げます

★ 直近のお申し込みも可能です。ふるってご参加ください! ★

お申し込み方法
運営:特定非営利活動法人 山の自然学クラブ All Rights Reserved ホームページ 活動ハイライト