山の自然学講座2020
8月29日(土)終了しました

2020年8月山の日記念シンポジウム

「日本の山と自然をみつめよう-魅力再発見」

講師:小泉 武栄 氏(東京学芸大学名誉教授)、橋本祐紀典 氏(英語通訳案内士)、大蔵喜福(登山家、山の自然学クラブ 理事長)

※このシンポジウムは、「第一部」を動画配信しています

現地講義の写真

日本の山、自然環境は世界にない特徴があります。その自然と共生してきた地域の歴史や文化も大きな魅力です。近年は特に、環境に負荷をかけない持続可能な登山やツーリズムの必要性が議論されています。2019年から社会に大きな影響を与えている新型コロナウイルス感染症の流行に関連しても、今後は地域環境に負荷の少ないツーリズムを考えていく必要性が示唆されています。この機会に改めて日本の自然や山岳環境の特徴を見直し、その魅力を活かした楽しみ方を考えてみたいと思います。

※この回はシンポジウム形式で行います。山の自然学講座の全10回受講に含まれます。

※また、前半部分(第一部)を9月1日(火)〜9月12日(土)まで動画配信します。当日会場にいらっしゃれない方はこちらをご覧いただくことができます。

プログラム

第1部

12:50 ごあいさつ 5分
  「趣旨説明とごあいさつ」 中村華子(山の自然学クラブ)
12:55 基調講演 45分
  「世界的な視野から見た日本の山 -アルプスとの比較を通じて-」 小泉武栄 氏(東京学芸大学名誉教授)
13:40 講演 30分
  「訪日客を通して知る、世界に類稀なる日本の魅力 ~自然と宗教観~ 」 橋本祐紀典 氏(英語通訳案内士)
14:10 コメント 20分
  「これからの山登り・山岳リゾートのあるべき姿とは-南アルプスエコパーク構想を例に-」 大蔵喜福(登山家、山の自然学クラブ 理事長)

※以上の第一部については、9月1日(火)〜9月12日(土)まで動画配信します。当日会場にいらっしゃれない方はこちらをご覧いただくことができます。

〜 14:30 休憩 (20分) 〜

第2部

14:50 講演 45分
  「八ヶ岳の自然を読む -山の自然学の視点から-」 小泉武栄 氏(東京学芸大学名誉教授)
15:35 意見交換・質疑応答 30分
 

司会:中村華子

パネラー:小泉武栄 氏、橋本祐紀典 氏、大蔵喜福

講師の写真

講演者プロフィール

小泉 武栄(こいずみ たけえい) 東京学芸大学名誉教授

1948年長野県生、東京学芸大学卒、東京教育大学大学院修士課程修了、東京大学大学院博士課程単位取得、理学博士

  • 専門:自然地理学、地生態学
  • 著書:「観光地の自然学 ジオパークに学ぶ」(古今書院)、「日本の山はなぜ美しい」(古今書院)、「山の自然学」(岩波新書)、「山の自然教室」(岩波ジュニア新書)、「自然を読み解く山歩き」(JTBパブリッシング)、「日本の山と高山植物」(平凡社新書)、「自然景観の成り立ちを探る」(玉川大学出版部) ほか

橋本 祐紀典(はしもと ゆきのり) IJCEE会員、英語通訳案内士

  • 「東京生まれ東京育ちで、東京都内のガイドを得意としています。また、アウトドア全般が好きですので、スキーや登山のガイドも可能です。高尾山ハイキングツアーは、通訳ガイド向けの研修講師も担当、また、冬場は志賀高原等にて、スキーインストラクターとして、訪日客向けのプライベートレッスンも行っています。外資系のコンピューターメーカーや製紙メーカーでの勤務が長かったので、その方面であれば、会議通訳、商談アテンド等も対応できます。」

大蔵 喜福(おおくら よしとみ) 登山家、山の自然学クラブ 理事長

  • 登山家で日本山岳ガイド協会認定山岳ガイド。「どらえもん」に登場する唯一の実在人物。 79年に世界初のヒマラヤ三山(ダウラギリⅡ~Ⅲ~Ⅴ峰)縦走に成功。86年厳冬期最高到達地点〔8,450m〕記録を樹立。前後してチョモランマ、マナスル等ヒマラヤ8,000mを7回登頂。90年からは「風の研究」「高山の気象観測」でマッキンリーに通い、20回以上登頂。この気象観測および研究により第三回秩父宮記念山岳賞を受賞。現在、アラスカ大学国際北極圏研究センターでマッキンリーリサーチリーダーを勤める。

実施概要

  • ※この回は時間と会場が通常と異なりますので、ご注意ください。
  • 日時:2020年8月29日(土)12:50 ~ 16:30
  • 会場:新宿区立 新宿歴史博物館 講堂
  •    東京都新宿区四谷三栄町12-16
  •   (東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅から徒歩8分、JR・東京メトロ四ツ谷駅から徒歩10分)
  •    [MAP] https://www.regasu-shinjuku.or.jp/rekihaku/
  • 定員:40名程度(感染予防のため、会場定員100名の半分以下に制限させていただきます)

参加費

  • 会場参加: 山の自然学クラブ・後援団体会員3,000円 / 一般3,500円
  • 動画配信のみで聴講(第1部): 山の自然学クラブ・後援団体会員3,000円 / 一般3,500円

申込み・お問い合わせ

  • 動画配信を含め、下記のフォームからお申し込みください。
お申し込みフォーム
運営:特定非営利活動法人 山の自然学クラブ All Rights Reserved ホームページ 活動ハイライト